世界一周が夢だった井上常明

井上常明という人物がいます。彼は今現在30代なのですが、若くして起業をしています。そして、その起業は成功を収めており、それまでの成功の軌跡を本にしないかという話すら出ているそうです。そんな井上常明ですが、どんな人物なのかを紹介します。

井上常明は大学を卒業後会社員になり、そこからバックパッカーとして世界を旅するという経験を経て、今では個人経営を行っています。学生時代から旅行に行くのが好きであり、国内はもちろんですが、海外にも訪れたことがあるとのことです。ちなみに、海外についてはタージマハルをはじめとした様々なところに行ったことがあるのですが、そのときに世界一周をする夢を持つようになりました。世界一周といえば、かなり高額になることは間違いないのですが、井上常明は会社員時代に世界一周をするための資金を必死に貯めているのです。

そうして、念願の世界一周をするためのお金を稼ぐことが出来たわけですが、ここでのポイントは、井上常明が会社を辞めたということです。つまり、キャリアブレイクをしたわけです。世界一周がしたいといっても、通常では働き場所を残す、つまりは有休を取ることが考えられるわけですが、有休を取らずにあえて会社を辞めているのです。これは、何に縛られることなく、思う存分世界一周を楽しみたいという彼の気持ちの表れではないかと思われます。

バックパッカーと呼ばれる、格安で世界を旅行する人として、世界各地を訪問したそうです。井上常明は世界一周をしたわけですが、このときに様々なことを体験しました。日本と世界とではやはり文化も違いますし、受ける感覚も違ってくるわけですが、そうした違いの様々なところから感銘を受けたと言います。井上常明は世界一周を始めてから1年後に日本に帰国しています。どうして1年で帰国したのか、理由は分からないのですが、1年世界を回って満足したということも考えられます。

日本に帰国してからは、彼は世界に旅行してからの経験を活かして多国籍のカフェを経営しています。多国籍というのは、やはり日本にいても海外を感じたいという気持ちの表れではないかと思われます。いつも多くの人で賑わっているということもあり、井上常明も大満足ではないでしょうか。こうしたキャリアブレイクの成功話を本にしないかという話もあるほどです。井上常明は、常に新しいことに挑戦し続ける人です。今後の更なる成功に関しても期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、地域でもっとも人気を誇るマンション販売業者と取引を行っています。人気の理由は、高いク…
  2. ひとまず齋木隆弘の高校時代を大きく3つにわけるとすれば、(1)資格取得(2)部活動(3)変な先生こん…
  3. 主婦業は掃除だけではなく、買い物や料理など様々な仕事があります。すべての時間を掃除に費やすことはなか…
ページ上部へ戻る